スクラップ前に事故車の買取業者へ

事故車の定義は、フレーム、クロスメンバー、フロントインサイドパネル、
ピラーなど各部外部パーツに損傷を負った場合が事故車と認定されます。

また、上記の個所を修復したとしても、事故車(修復歴あり)とされ、
一般的な買取業者ではかなり値引きされるのが常識となっています。

一方で、事故車の程度によって、高価買取をおこなう業者も少なくありません。
傷やへこみなどの損傷を負った事故車を買取る理由として、
海外輸出網の構築があげられます。

多少の傷を負っていても走行に問題がなければ、海外ではそれなりの値段で
売れるためであり、また程度しだいでは修復し中古市場や
オークションにまわすことができるためです。

スクラップ前に業者に買取を依頼するとよいでしょう。

注意すべき点は、業者によって査定価格が変わることです。

また、悪質な業者に依頼をすると、損傷の程度を誇大に表現し
引き取り額を下げるところもあるため、依頼をする前に必ず
インターネットなどで業者の情報収集をおこなうようにしましょう。

事故車をオークションで売買する特徴

事故車を売却する場合は、ディラーや自動車販売店に下取りに出したり、買取専門店に買取ってもらったりオークションンに出す場合があります。

オークションの特徴は代行とネットがありますが、ネットを利用すると取引額が多くなるのでトラブルがおきやすくなったり、故障などのクレームなどは全部自分で解決しなければいけないのでとても大変です。

代行で事故車を売る時の特徴としては、リユースオークションという事故車や事故のままの車でも積極的に売買する所もあります。
一見売ることが難しい事故車でも売ることができます。

ディラーで下取りしてもらったり買取りしてもらった場合は、整備費用やお店の利益も上乗せされるので買取価格も低く抑えられてしまいます。

その点オークション代行ならば、手数料のみなので中間マージンをとられることがなく、売れた金額がほとんど入ってきます。
しかし、売れなかった場合は、売れるまで手数料と保管料を払い続けるのでかなり費用がかかります。

オークションに出品している事故車の判別方法

最近では自動車などもインターネットのオークションでさかんにやり取りされています。

こうした場所で自動車を購入する場合には専門業者を通して買う場合よりも安く買える場合もありますが、注意が必要になる場合もあります。

それは事故車が販売されている場合があることです。
こうした事故車かどうかを判別する方法は、ウェブサイトに記載されている商品の情報をしっかりと確認することです。

良心的な売り手の場合にはそうしたことをしっかりと記載しています。
ですが中には事故車であることを記載せずに販売されているものもあるので注意が必要です。

特に大雨や雪による被害のために車に故障箇所が生じて修理をしたような車の場合には注意が必要になります。
これらの被害は厳密には事故ではないために、売る側の人間も事故車ではないと言うことができるからです。

オークションでこうした車であるかを判別する方法としては、買う前に売り手に電子メールなどで直接質問をしてみるのが一番確実な方法です。

軽度な事故車はオークションで狙い目

事故車というのは自動車の骨格部分に損傷を受けてしまい、その部分を修復したものになりますが、事故車とされる以上これらの部分に損傷を受ければ車としてのダメージは大きなものと考えることができます。

しかし、実際には損傷の程度というのもあるもので修復をしたからといって、元のように乗ることができるようになるわけではない重度なものから、ほとんど影響がない軽度のものまで幅広くあります。

それでもいえることは重度であろうと軽度であろうと、扱いとしては事故車となってしまうため、その分価値が下がってしまうのです。

これを逆手に取れば、状態の良い車を手頃な価格で購入することが出来るということになるのです。
オークションではこのような事故車というのも多数出品されているのですが、その中で通常使用にほとんど影響の無い部分が修復されているようなものは、狙い目の車といえるのです。

このような車をオークションで手に入れることができれば、安く良い車を手にすることができるのです。